menu

リフレクソロジストになる方法と資格

リフレクソロジーはマッサージではない!知っておきたい法律

リフレクソロジーの法律と知識

リフレクソロジーの資格取得やリフレクソロジストとして職業に就く前に、知っておきたい法律の基礎知識を分かりやすく紹介していきます。

法律という言葉を聞くと少しむずかしく感じることかもしれませんが、リフレクソロジストになるためには身に付けておいたほうがいい知識です。

リフレクソロジストの職種は?

みなさんは「リフレクソロジスト」という言葉からどんなイメージが浮かぶでしょうか?

リフレクソロジーの分野では足裏の反射区への刺激などリフレクソロジーが手技を行なうことを「施術」と呼びます。

施術とは「技術を施す」という意味で、医師や美容師が行なう業務も同じように施術と呼ばれています。

そう考えるとリフレクソロジストも医師や美容師のような範疇に入る職種というイメージですが、現在の日本ではリフレクソロジストは「サービス業」の分野に区分されています。

ただし、同様に現在の日本では美容師や利用しもサービス業種であり、リフレクソロジストも似たような意味合いで「サービス業」と考えればいいのかもしれません。

マッサージ業とどう違うの?

リフレクソロジストはお客様の足裏の反射区を刺激して心身の健康作りをサポートします。

そうした点から「マッサージとどう違うのか」という疑問を持たれることがあるようです。

リフレクソロジーの足裏への刺激がマッサージか否かという点については意見の分かれるところでしょうが、実は日本ではお客様にマッサージを行なうためには「あん摩マッサージ指圧師」などの免許(国家資格)もしくは医師免許が必要となります。

そのため、リフレクソロジストが行なっているのはマッサージではなく、リフレクソロジーの施術もマッサージとは異なるものだということになるわけです。

つまり、リフレクソロジストはマッサージ業ではなくあくまでサービス業だというのが結論といえるでしょう。

マッサージ業を名乗ることは不可

町を歩いていると、よく「○○式マッサージ」という名称を見掛けます。

しかし、法律的にいえば「あん摩マッサージ指圧師」などの免許(国家資格)を取得していない者は「マッサージ業」を名乗ることはできません。

これはリフレクソロジーにおいても同様で、「リフレクソロジーサロン」といった名称を使用するのは問題ありませんが、「英国式足裏マッサージ」といった名称を使用すると法律違反になることもあるので注意が必要です。

また、マッサージ業という名称を使用せず、リフレクソロジーサロンを名乗っていたとしても、サービス内容に「マッサージ」を入れると法律違反になる可能性もあります。

このあたりの問題については、よく法律を理解してから使用するようにしましょう。

リフレクソロジストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • リフレクソロジストの資格について知りたい!
  • とりあえずリフレクソロジーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
リフレクソロジストへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事