menu

リフレクソロジストになる方法と資格

リフレクソロジーの基本知識

リフレクソロジーの基本知識

リフレクソロジーは日本語では「反射学」といいます。

反射学(reflexology)という言葉は英語の「reflex(=反射)」と「ology(=論・学)」を組み合わせた造語です。

リフレクソロジーのケアは日本語では「反射療法」または「反射区療法」とも呼ばれており、足裏にある反射区を刺激する健康療法という意味になります。

リフレクソロジーの歴史

リフレクソロジーは19世紀の米国でウィリアム・フィッジェラルド医師によって考案されました。

医師は手術中の患者の奇妙な動作から、手足への刺激で痛みが緩和できるのではないかと研究を進めた結果、リフレクソロジー療法を発見したのです。

その後、研究は同じ米国のユーニス・イングハム医師に引き継がれ、足裏のどのゾーン(反射区)を刺激すると人体のどの部位に反映されるかを示す「フットチャート(足裏の反射区図)」が作られました。

現在、リフレクソロジーは米国や英国を始めとする欧米諸国、日本、韓国、シンガポールなどのアジア諸国、アフリカ諸国、中東諸国まで広まっています。

リフレクソロジーの考え方

リフレクソロジーでは足裏の反射区と人体の内臓は関連していると考えています。

足裏には36種類もの反射区があり、特定の反射区を刺激すると対応する内臓の自然治癒力(医療や薬品に頼らず人間が本来持っている病気を癒す力)を促すことができると考えられているためです。

実際、人間の足裏は「第二の心臓」とも呼ばれるほど重要な部位で、たくさんの抹消神経が集まっていることでもよく知られています。

リフレクソロジーの施術では足裏だけでなく、顔や手、耳の反射区の刺激を行なうこともありますが中心となるのは足裏の反射区への刺激です。

リフレクソロジー療法

リフレクソロジーの世界では反射区療法を行なうことを「施術(せじゅつ)」といいます。

施術を行なうときは、まずリフレクソロジストが療法を受ける人のカウンセリングをし、どの反射区への刺激が必要か・どの程度の刺激が必要かなどを判断します。

次にリフレクソロジストは指で必要な反射区を刺激し、その指を滑らせるように動かしてリンパの流れを促します。

足裏の反射区への刺激を行なうと、血流・新陳代謝・老廃物の排泄・内臓の自然治癒力などが促進され心身のバランスやストレス軽減などに効果が期待できます。

ただし、現在の法律ではリフレクソロジー療法は医療の範囲には入っていないため、「○○病を治療できる」や「○○に効果がある」という表現を使うことはできません。

リフレクソロジーはあくまで健康作りのための療法であり、医療ではないという点は押さえておきましょう。

リフレクソロジストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • リフレクソロジストの資格について知りたい!
  • とりあえずリフレクソロジーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
リフレクソロジストへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事