menu

リフレクソロジストになる方法と資格

リフレクソロジー資格取得までの流れと道のり

資格取得までの流れと道のり

リフレクソロジーの資格取得には比較的短期間で取得できるものや、専門校に通って本格的にリフレクソロジーを学んだのちに取得できるもの、通信講座で手軽に取得可能なものなどの種類があります。

次は一般的なリフレクソロジーの資格取得までの流れです。

目的を明確にする

リフレクソロジーの資格を取得するにあたっては、さまざまな目的があるはずです。

たとえば、プロのリフレクソロジストとして働きたい、独立開業したい、家族に施術を提供したい、やボランティア活動に活かしたい等々です。

もし、ばくぜんと資格を取得したいと考えているなら、まずは資格取得の目的を明確にしておきましょう。

学習手段を決定する

リフレクソロジー資格の取得目的が明確になったら、次は「どこで・何を・どのレベルまで」学ぶかという点を決めます。

「どこで」はリフレクソロジー専門学校で学ぶか、通信講座などを利用するかということです。

「何を」はリフレクソロジー専門に学ぶか、アロマテラピーやツボ押しなども併せて学ぶかということになります。

「どのレベルまで」はプロのリフレクソロジストになれるレベルか、個人的に使用するために学ぶレベルかといった点です。

こうした条件を考え合わせ、時間や資金の問題と比較検討しながら学習手段を決定するといいでしょう。

資料請求・見学を行なう

目的・手段・レベルなどが決まったら、自分の条件に合うスクールや講座の資料を請求します。

できれば1社(1校)だけでなく比較検討が可能なように複数請求するといいでしょう。

届いた資料を比較検討してある程度絞り込みができたら、疑問点などを問い合わせたり見学が可能ならば実際に見学に訪れてみます。

この段階で充分に納得できないまま学習をスタートしても、あとになってから「○○のほうが良かったのでは?」や「考えていたのと違った」などとなってしまいますので事前のリサーチはしっかり行なっておく必要があります。

ただし、あまり考え込んでいては結果を出すことができませんので注意してください。

資格取得までの流れ

(1) スクールや講座を決定して申込み、規定の学習過程を修了する。
(2) 修了後、該当する資格レベルの認定試験(筆記・実技など)を受験する。
(3) 合否通知を受け、無事合格していれば必要な登録手続きを行なう。

スクールや講座のなかには複数の資格レベルを設けているところもありますので、1つの資格を取得できたら一段階上の資格に取得してみてもいいでしょう。

リフレクソロジストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • リフレクソロジストの資格について知りたい!
  • とりあえずリフレクソロジーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
リフレクソロジストへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事