menu

リフレクソロジストになる方法と資格

リフレクソロジストになるには?

リフレクソロジストになるには

リフレクソロジストとして働くためには、免許や国家資格のような特別な資格は必要ありません。

そのため、資格がなくてもリフレクソロジストと名乗ることは可能で、誰でもその名称を自由に使用することができます。

たとえば何の勉強もしていなくても自宅にサロンを設置し、「リフレクソロジーの施術をします」と掲げればその日からリフレクソロジストとして営業することも可能です。

もちろん、そのようなやり方ではプロのリフレクソロジストとして生活していくのは難しく、一定レベルの知識や技術がなければ仕事としては成り立たないのはいうまでもありません。

サロンで働く方法

リフレクソロジストで最も一般的なのは「サロンで働く」という方法です。

サロンに就職するためには次のような方法があります。

(1) サロンの求人募集に応募して採用される
(2) サロン直営の専門校で学び修了後にプロとして雇用される

(1)は転職サイトや求人雑誌でリフレクソロジスト募集の求人を探し、募集に応募して採用されるという方法です。

もしリフレクソロジストとしての経験がない場合は、「未経験者でも可」という求人を探すといいでしょう。

(2)は大手サロンなどの直営専門校に入学し、リフレクソロジーを学んで卒業後にサロンに就職するという方法です。

直営校での学習はそのサロンの施術のやり方などをダイレクトに勉強することができ、専門校の民間資格も取得することができるので効率的です。

サロンを独立開業する方法

リフレクソロジストとして独立した自分のサロンを開業する方法です。

サロン開業には特別な資格は必要ありませんが、顧客獲得や経営面のことを考えると民間資格を取得しておくほうが良いです。

資金や営業力、技術面などに自信があれば、いきなり独立開業することも可能です。

堅実な方法としてはリフレクソロジー専門校で学んで民間資格を取得し、既存のサロンなどで施術者としての経験を積んだうえで開業するというのが一般的です。

サロンのなかにはFC展開をしているところもありますが、最初から独立開業を目指しているならば就業前にしっかり事前確認をしておく必要があるでしょう。

できればFC開業の条件やロイヤリティなどもリサーチしておきたいところです。

リフレクソロジストになる前に

リフレクソロジストは資格がなくても就業できる職業です。

しかし、その仕事で生活したり成功を納めるためには一定レベルの学習とライセンス取得を目指すのが合理的な方法といえます。

どのようなリフレクソロジストになりたいか、リフレクソロジストとしてどんな仕事をしたいのかを前もってキチンと計画しておきましょう。

リフレクソロジストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • リフレクソロジストの資格について知りたい!
  • とりあえずリフレクソロジーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
リフレクソロジストへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事