menu

リフレクソロジストになる方法と資格

別のジャンルを取り入れたリフレクソロジーの現場

別のジャンルを取り入れたリフレクソロジーの現場

リフレクソロジーを専門に行なうサロンがある一方、リフレクソロジーに他の健康療法を組み合わせた施術を行なうサロンも増えています。

もしリフレクソロジストとして就業したいなら、専門サロンだけでなく+αの要素のあるサロンの仕事も考慮に入れてみるという選択肢もあります。

整体を+αしたサロン

整体(せいたい)は施術者の手や足を用いて骨格の歪みやズレの矯正、骨格筋の調整などを行なって体のバランスを整えるという健康療法です。

日本国内では整体という名称のほか、カイロプラクティックという名称で営業している場合もあります。

もともと整体は日本古来の武術の活法や骨法が基礎となっている手技療法でしたが、近年では欧米のオステパシーやカイロプラクティックなどを採り入れて独自の施術を形成しています。

最近ではそれに加えてリフレクソロジーの施術を導入するところも増えており、「整体&リフレクソロジー」といった名称で施術を提供しているサロンもたくさんあります。

指圧を+αしたサロン

指圧(しあつ)は施術者の手指を用いて神経に刺激を与え、体調改善や病気治療を図るという療法です。

いわゆる「足ツボ療法」や「ツボ押し療法」も一般の人に分かりやすいように命名した指圧の別称で、指圧のジャンルに入る健康療法といえるでしょう。

指圧を行なうには法律で定められた免許(国家資格)が必要ですので、リフレクソロジスト資格だけで指圧の施術を行なうことはできません。

ただし、最近では指圧療法とリフレクソロジー療法を共に行なっているサロンも増えてきています。

この場合、指圧は免許を持つ指圧施術者、リフレクソロジーはリフレクソロジストが行なうと言う方式で営業していれば就業に問題はありません。

鍼灸を+αしたサロン

鍼灸(しんきゅう)は漢方でいう「ハリ」と「キュウ」を用いて体に刺激を与え、疾病治療や健康増進を図る療法です。

中国では昔から健康ケアとして生薬を用いた療法と、物理的な刺激を与える鍼灸の療法を用いてきました。

この伝統的な療法を現代に活かしているのが日本の「鍼灸」です。

かつては鍼灸といえば中高年世代が利用するものというイメージがありましたが、最近では若い女性の冷え症や生理痛解消などでも人気があります。

そうした傾向から鍼灸とリフレクソロジー双方の施術を提供しているサロンも増加しています。

鍼灸の施術を行なうには免許(国家資格)が必要ですが、リフレクソロジーと分けて施術を行なっていれば就業に問題はありません。

リフレクソロジストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • リフレクソロジストの資格について知りたい!
  • とりあえずリフレクソロジーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
リフレクソロジストへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事