menu

リフレクソロジストになる方法と資格

リフレクソロジストの独立・サロン開業の将来性は?

独立・サロン開業の将来性は

リフレクソロジストの将来性として「サロン開業」という選択肢があります。

開業とはリフレクソロジストとして自分自身のサロンや店舗を開くことで、自らの工夫や努力次第で大きな可能性のある方法といえるでしょう。
現代の日本はストレス社会であり、多くの人が何らかの「癒し」を求めています。

そこからヒーリングサロンやアロマテラピーサロンなどが人気になっているわけですが、最近ではリフレクソロジーサロンに対する需要も増えており高い将来性があります。

サロン開業について

独立や開業にはリフレクソロジスト自身の技術力や経済力が必要となります。

また開業場所の選択や経営にもビジネスセンスが要求されることになるでしょう。

一般的に独立や開業というと都市部が有利と考えがちですが、都市部であれば競合サロンが多いだけでなく開業資金も高めになる傾向が見られます。

むしろ、昨今であれば地方都市や首都圏郊外などにターゲットを絞った開業が効率的といえるかもしれません。

そうした点から、昨今では出身地に戻って自宅などを利用して開業したり、配偶者の実家などの地縁を活用して開業するというスタイルも増えているのです。

なぜなら、リフレクソロジーは若年層だけでなく高齢者層にとっても需要があるものであり、今後の超高齢化社会への進展を見据えると地方での開業にも成功の可能性があるからです。

もちろんリフレクソロジスト自身の事情や考え方によって、首都圏や都市部でのサロン開業も可能です。

地の利的に条件の良い店舗を確保でき、口コミや宣伝によって固定客を獲得できればあとはリフレクソロジストのセンスと努力次第となります。

サロン開業のメリット

リフレクソロジストが自らサロン開業するについては次のようなメリットがあります。

・人に使われるのではなく自らの才覚でサロンが経営できる
・リフレクソロジーに関する自分の考え方を反映した施術ができる
・新たなアイデアによる施術やサービスをダイレクトに反映できる
・収入は給料ではなくリフレクソロジスト自身の努力次第である
・従業員を使って店舗を拡大したりチェーン化するなども可能である

サロン開業のリスク

リフレクソロジストが自分自身で開業するにあたってはリスクもあります。

たとえば資金面のリスクや経営面のリスク、従業員を使うことに関するリスクなどです。

しかし、それはどのような事業や店舗でも開業に関して存在するリスクであり、リフレクソロジーサロンだけに限ったことではありません。

もしもリフレクソロジストとして開業を考えているなら、そうした資金面や経営面、雇用面のリスクについても事前に充分にリサーチしておきましょう。

リフレクソロジストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • リフレクソロジストの資格について知りたい!
  • とりあえずリフレクソロジーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
リフレクソロジストへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事