menu

リフレクソロジストになる方法と資格

リフレクソロジストが活躍する職場の種類

活躍する職場の種類

サロン系の職場

リフレクソロジストで正社員やアルバイトとして勤務できる職場です。

リフレクソロジー系のサロン
リフレクソロジーのケアを専門に行なう店舗です。サロンは大手企業のチェーン店から地元密着の中小チェーン店、個人営業の店までさまざまな種類があります。技術系統も「英国式」や「米国式」、「台湾式」など多彩ですので、自分に合った職場を選ぶようにしてください。サロンの直営校で学び、そのままダイレクトに就職するという方法もあります。

セラピー系のサロン
いわゆる癒しやリラクゼーション、不定愁訴改善などを提供する民間療法の店舗です。こうしたサロンではリフレクソロジーにアロマテラピーやリンパドレナージュなどを組み合わせて提供しているのが特徴です。リフレクソロジストとして働きたい人だけでなく、さまざまなセラピーに関心がある人にも適しています。

マッサージ系のサロン
日本式、タイ古式、台湾式、バリ島式、ハワイ式、中国式などの各種マッサージにリフレクソロジーの施術を組み入れている系統の店舗です。サロンの方針によってマッサージとリフレクソロジーの施術を分けているところ、同じセラピストが各種施術を行なっているところなどがあります。

エステ系のサロン
エステティックの各種施術にリフレクソロジーを取り入れている店舗です。リフレの技術を体調不良解消だけでなく小顔エステや脚痩せ、ボディスリミングに活用するサロンが増加しています。大手エステサロンでもリフレクソロジストの求人を行なっています。

リゾートホテル内のサロン
近年の傾向として「旅先でリラクゼーションを経験する」というトレンドがあり、リゾートホテルでもリフレクソロジーを受けられるサロンを設けているケースが増えています。

サロン系以外の職場

サロン以外のリフレクソロジストの職場です。

高級高齢者用マンション
日本の超高齢社会化を受けて高齢者用マンションが急増しています。こうしたマンションでは入居者用のサービスとして、建物内にリフレクソロジーサロンを設けているところもあります。こうした例は今後さらに増えていくと予想されますので、リフレクソロジストの需要も増加すると考えられます。

高齢者施設、介護施設など
高齢者や要介護者を対象にリフレクソロジーの施術を提供する訪問サービスの職場です。年齢からくる体調不良や痛みの緩和にリフレクソロジーを活用でき、ボランティア的要素もあるやりがいのある職場といえるでしょう。また要介護者だけでなく障害者施設への訪問サービスにもリフレクソロジーは活用されています。

リフレクソロジストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • リフレクソロジストの資格について知りたい!
  • とりあえずリフレクソロジーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
リフレクソロジストへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事