menu

リフレクソロジストになる方法と資格

リフレクソロジーはじまりの歴史

リフレクソロジーはじまりの歴史

リフレクソロジーが誕生したのは19世紀のアメリカという定説があります。

しかし、実は紀元前2500年頃の古代エジプトにもリフレクソロジーは存在していたという説もあるのです。

というのは、古代エジプトの壁画には当時の人物が足裏を手で揉んでいる絵柄が残っているためで、足裏を揉んでいるのは当時のエジプトの医師と考えられています。

この壁画は当時のエジプトの医師の墓に描かれていたもので、すでに古代エジプトの時代からリフレクソロジーに似た理論が活用されていたことが分かります。

リフレクソロジーの誕生

リフレクソロジーが生まれたのは19世紀のアメリカでした。

医師であったウィリアム・フィッジェラルド博士は手術中の患者の奇妙な動作から、手足を何かに押し付けることによって痛みが軽減するのではないかというヒントを得たのです。

この当時はまだ現在のように麻酔技術が発達しておらず、患者の痛み緩和は医師にとって大きな課題のひとつでした。

その後、フィッツジェラルド博士は医学的な見地から研究を進め、痛みの緩和に足の反射区(ツボ)を刺激する療法であるリフレクソロジーが役立つということを発見しました。

当時、フィッツジェラルド博士が書いた「ゾーン・セラピー(区帯療法)」という本には足裏のゾーン(反射区)の刺激と痛みの緩和について述べられています。

リフレクソロジーの発展

20世紀に入ってフィツジェラルド博士の研究をさらに発展させたのが、同じアメリカの理学療法士であったユーニス・イングハム女史です。

イングハム女史はフィツジェラルド博士のセミナーに参加したことから、リフレクソロジーに深い関心を持って研究を行ないました。

研究の結果、女史はその著書「ゾーン・セラピー」の内容をさらに発展させた形で、「フットチャート(足裏の反射区図)」を作成ししたのです。

人間のフットチャートには内臓に影響を与える反射区があり、その特定の部分を刺激すると健康作りに効果が期待できることを紹介したのです。
イングハム女史はリフレクソロジーの研究を進めるとともに、弟子を取ってリフレクソロジーを教えるセミナーも開きました。

そのイングハム女史の弟子たちがアメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国にリフレクソロジーを広め、現在のリフレクソロジーブームの基礎を築くことになったのです。

このような点から、イングハム女史は「リフレクソロジーの母」とも呼ばれています。

リフレクソロジストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • リフレクソロジストの資格について知りたい!
  • とりあえずリフレクソロジーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
リフレクソロジストへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事