menu

リフレクソロジストになる方法と資格

リフレクソロジストになるメリット

リフレクソロジストになるメリット

メリット1・結婚しても続けられる

リフレクソロジストは手に職を持つ技術職で、いちど身に付けた技術は自分の財産となるため、結婚して家事と仕事を両立させたい人や産休を取っても仕事を続けたい人にはピッタリの職業です。

もちろん、リフレクソロジーの世界は日々進歩しており、常に新しい技術やテクニックが採り入れられていますので長いブランク明けにはブラッシュアップが必要になります。

しかし、しっかりした技術と学ぶ姿勢があれば、育児休暇などを取ったブランク明けでも再就職できるというメリットがあります。

メリット2・転居しても仕事ができる

世の中にはさまざまな仕事がありますが、なかには転居(引越し)をすると求人先が見つからないという職業もあります。

しかし、リフレクソロジーは全国的に広まっており、もし転居したとしても求人先が見つからないということはありません。

これは看護師や美容師と同様で、「専門的な技術職」の特徴といえるでしょう。

かりに転居先に適したリフレクソロジーの求人先がなかったとしても、独立した店舗を構えい開業するということもできます。

メリット3・努力次第で高収入が可能

リフレクソロジストのメリットのひとつが「努力次第で高レベルの収入が期待できる」という点です。

ほとんどのリフレクソロジーサロンは指名制を採用していますので、固定客を掴めば給料以外にも指名料で収入を増やすことができます。

また正社員として店長やマネージャーなどのポストに就き年収700~1600万円程度を得ている人もおり、リフレクソロジストは女性でも自分の努力次第で高収入が可能になる職業です。

メリット4・独立や開業もしやすい

リフレクソロジーの歴史が長い米国や英国では、たくさんの女性が独立開業して自ら店舗を経営していますが、近年では日本でもリフレクソロジストとして独立する女性が増加しています。

実はリフレクソロジーには特別な美容機器や医療機器が不要なため、開業資金を比較的低く抑えられるという特徴があるのです。

メリット5・店舗がなくても仕事が可能

リフレクソロジストというとサロン勤務というイメージがありますが、昨今では顧客の自宅や高齢者施設などに出張して営業するリフレクソロジストも増えています。

リフレクソロジーの施術は特別な機器が不要でリフレクソロジストさえいれば営業できるということから、店舗も必要がなくても個人で仕事ができるというメリットがあるのです。

リフレクソロジストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • リフレクソロジストの資格について知りたい!
  • とりあえずリフレクソロジーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
リフレクソロジストへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事