menu

リフレクソロジストになる方法と資格

どんな人が向いているのか?リフレクソロジストの適正

リフレクソロジストの適正

技術職に興味がある人

リフレクソロジストは「技術職」です。

技術職とは専門的な知識と技術を用いて仕事をする人で、美容師やエステティシャンと同様にリフレクソロジストもその範疇に入ります。

技術職として働くにはお客様に満足を与えられるようなスキルやテクニックを磨く必要があり、常に技術のレベルアップのために研究やトレーニングを積める人が向いています。

リフレクソロジストの技術には上限というものはありませんので、向上心を持って技術を追求していくタイプの人が適しているといえるでしょう。

手先が器用な人

リフレクソロジストの技術は「手技」と呼ばれる手先を使うものです。

リフレクソロジーの施術には主に手の指を使うため、この仕事に興味はあるが手先があまり器用ではないという人は向いていません。

ただし、あまりにも無器用という人でなければ本人の努力次第でプロとしてやっていくことは可能です。

体力がある人

リフレクソロジーのお客様は若い女性が中心ですが、最近では男性のお客様も増えてきました。

そのため、心身の不調が激しく足裏が固いというお客様に施術する機会も多くなっています。

ときには手指だけでなく全身の力を使って反射区を刺激しなければならないこともあり、体力にあまり自信がないという人には適していません。

もちろん体力的なものはトレーニングで養うことができますので、膝痛や腰痛などの持病がなければ努力次第で克服することができるでしょう。

健康に関心がある人

リフレクソロジーのお客様にはリラクゼーション目的の人のほかに、心身の不調解消を目的とした人も大勢います。

そうした点からリフレクソロジストも健康に関する知識が不可欠となっています。

心や体の健康に関心があり、自ら積極的に学ぼうという姿勢のある人はリフレクソロジストに向いているといえるでしょう。

思いやりのある人

リフレクソロジーのお客様は赤ちゃんから高齢者まで広範囲で、様々な状態のお客様に施術を行なう機会があります。

実際、体の悩みだけでなく心の悩みを抱えているお客様も少なくありませんので、リフレクソロジストにも思いやりの気持ちや相手を理解しようという気持ちが求められます。

また、最近では高齢者向けのリフレクソロジーの需要が急増しており、さらに思いやりの気持ちや優しさのあるリフレクソロジストが求められてきているのです。

ホスピタリティーのある人

リフレクソロジストは職業区分でいうと「サービス業」に入ります。

ホスピタリティー(おもてなし)の気持ちのある人、サービス精神のある人はリフレクソロジストに向いています。

リフレクソロジストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • リフレクソロジストの資格について知りたい!
  • とりあえずリフレクソロジーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
リフレクソロジストへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事