menu

リフレクソロジストになる方法と資格

リフレクソロジストを目指す為に知っておきたい事

リフレクソロジーイメージ
「人を癒すのが好き!」
「リフレクソロジーを仕事にしたい!」
「リフレクソロジーに興味があるけど、どうすればプロになれる?」
「リフレクソロジーの資格はとるべき?資格の取り方は?」

そんな想いを持ち、リフレクソロゾシトの仕事に興味があるという方を応援する為の情報サイトです。

リフレクソロジストの基礎知識

最初に、リフレクソロジストになる為の基礎知識、「リフレクソロジーの考え」や「リフレクソロジストの魅力」、「リフレクソロジストになるまで」についてご紹介します。

リフレクソロジストとは?

リフレクソロジストとは、反射学(リフレクソロジー)の考え方をベースにした健康療法を施す民間療法士をいいます。

反射学は19世紀のアメリカを発祥とし、東洋でいうところの「足裏のツボ」のようなポイントを刺激するというものです。

ただし、リフレクソロジーと足ツボは厳密には違いがあり、リフレクソロジーは「面(ゾーンやエリア)」でとらえますが、足ツボの場合は「点(ポイント)」でとらえることになります。

この面(ゾーン)をリフレクソロジストが刺激し、施術(トリートメント)を受ける人の心身の健康つくりをサポートします。
リフレクソロジーの反射区

人間の足の裏には反射区と呼ばれる多くのゾーンがあるというのがリフレクソロジーの考え方です。血行不良や内臓の不調に対応した反射区を刺激すると、血行・新陳代謝を促進して体調の改善に効果が期待できるとされています。

また、施術(トリートメント)を行うことで、リラックス効果やリラクゼーション効果を追求するのが、リフレクソロジーの考え方でもあるのです。

リフレクソロジストはこうした技術により施術(トリートメント)を受ける人の心身を癒すセラピストという事になります。

リフレクソロジストの魅力とやりがい

「あなたは、家族や恋人にマッサージしてあげたことがありますか?」
その時、「喜んでもらえましたか?」または「感謝されましたか?」

相手が言葉にしていなくても、表情やしぐさでそう感じているのであれば、喜んでもらえたことと同じです。

そして、喜んでいる相手を見て「幸せな気持ち」になったことでしょう。

そうです。リフレクソロジーの魅力の一つに相手も自分も「幸せな気持ち」にするということが言えるのです。

特にリフレクソロジストは、「体と心のつながり」や「不調な部分のためにどこを施術(トリートメント)すれば良いのか」は知識としてもっているので、普通の方がマッサージするよりも効果が高いのです。

リフレクソロジーの技術で、疲れた人や、体の調子の悪い人を「癒す」ということがなにより、「魅力」であり、「やりがい」なのではないでしょうか。

リフレクソロジストの魅力:実際にリフレクソロジーを受けた時の感想

普段、デスクワークでパソコン画面をずっと見ている私は、右肩から肩甲骨にかけて凝っている感覚がありました。また腰も弱く、ぎっくり腰を4回ほど経験をしています。

そんな私が、人生で初めて行ったリフレクソロジーは「英国式リフレクソロジー」専門のお店

最初にアロマオイル入りの「足湯」で足をほぐしてもらい、リフレクソロジーのトリートメントをして頂きました。最初に感じたことは「とても心地よい」ということ。

テレビで見ている、足つぼのような痛みとかあるのかと不安はありましたが、基本痛みは全然なく、丁度良い力加減でトリートメントしてくれるのです。

これも最初に、体の調子や力加減などを聞いてくれたリフレクソロジストの力量なのでしょうね。

単に力を弱くしているわけではなく、逆にかなり力が入っているのが、リフレクソロジストさんの手から伝わってくるのです。たまにリフレクソロジストさんの指が「ポキッ」となるくらい一生懸命にトリートメントしてくれてました。「本当に大変な仕事なんだなと。」

50分にわたるトリートメントを終え、「結構大変そうなお仕事ですね?」と聞いてみたところ、笑顔で、「大変ですけど、慣れているので全然平気ですよ!」と答えてくれました。

もちろん、お仕事だからそう答えた部分もあると思いますが、とても感心したのを覚えています。

そして、肝心の効果ですが、確かに肩の凝りも軽減され「全身が軽くなった」気がし、スポーツした後に温泉に浸かったかのような心地よさも残っていました。

人生で初のリフレクソロジーでしたが、本当に「癒し」とはこういうものなんだなと、リフレクソロジストの素晴らしさを実感しました。

リフレクソロジー資格を取るための第一歩は無料の資料請求

リフレクソロジー資格の取得を目指すのであれば、あなたのライフスタイルに合うスクール・講座を探すのが最初の一歩となります。

スクールの方が良い人、通信講座の方が良い人などそれぞれあるので、先ずは自分に合いそうな講座やスクールがあるのか確認してみて下さい。きっと「コレだ!」と思えるものが見つかるハズです。

↓リフレクソロジーの無料資料請求はこちら↓
レフレクソロジーの資格サイト

『BrushUP学び(ブラッシュアップ学び)』では、日本全国にある「リフレクソロジーを学べる」スクールや通信講座の資料請求が一括で行えるサイトです。

お手軽に始められる「通信講座」から、きちんとスクールで学べる「通学」コースまで、多くの講座がありますので、気になった講座をチェックし、無料のパンフレットを取り寄せ比較してみて下さい。

もちろん資料請求は無料ですので、興味があるスクールや講座を遠慮なく選べます。

リフレクソロジストになる準備と勉強

リフレクソロジーの勉強
リフレクソロジストになる為には、まずリフレクソロジーの「知識」と「技術」を学ぶ必要があります。その為には、専門学校(スクール)や通信講座で学ぶのが一般的です。

そして、リフレクソロジーの学び方には3つの方法があります。

1、リフレクソロジーのスクールで勉強する

リフレクソロジーが学べるスクールに入学し、通学して知識や技術などを勉強する方法です。

直接、スクールの先生から教えてもらえるので、実技を身に付けるには適した方法といえるでしょう。

教室で共に学ぶ仲間ができて心強いというメリットもあります。

スクールの卒業試験をパスすることで、リフレクソロジーの資格取得が出来ます。

2、リフレクソロジーの通信講座で勉強する

仕事や家事・子育ての合間にリフレクソロジーを勉強するには通信講座がピッタリです。

時間があまりない人、近くにスクールがない人でも効率よくリフレクソロジーを勉強できます。

費用の面でもスクールよりリーズナブルに抑えられるというメリットが得られます。

通信講座を終え、試験に合格することが出来れば資格取得となります。

3、リフレクソロジーのサロンに勤務しながら勉強する

リフレクソロジーサロンに就職し、働きながら知識や技術を身に付ける方法です。

スクールや通信教育の学費が必要なく、収入を得ながらリフレクソロジーの勉強ができます。

この方法でリフレクソロジストになるには、未経験者でも雇ってくれるサロンを探す必要があります。

サロンによっては、研修を終える事で資格を取得できますが、すべてのサロンで対応しているとは限りません。

ただ、未経験の者を雇うというサロンはそれほど多くありません。

リフレクソロジーの勉強期間は?

リフレクソロジストになる為の勉強期間は、学校や講座によって変わってきます。

基本的な知識であれば、「グローバルボディケア総合学院」の「英国式リフレクソロジー講座」最短2ヶ月~という講座もあります。
2ヶ月という期間であれば、集中して学べますし、時間がない主婦やOLさんでも何とか時間を作って学ぶことが出来るはずです。

一般的な講座として3ヶ月~6ヶ月位が一番多く、長くて1年~1年半という学習期間もあります。
短い方が良いのでは?と思う方もいると思いますが、長い場合しっかりと時間をかけて、身に付けるということでは、メリットもあります。

リフレクソロジーの勉強費用は?

リフレクソロジーの勉強費用は、時期によりキャンペーン価格が適用されることもあり、時期によって変わってきます。
「通信」の方が「通学」の方よりも安く済ませられることが多く、あまりお金をかけたくない場合には、通信講座を選ぶと良いでしょう。

「通信」で安い講座ですと、38,880円と、4万円台に抑えられる場合もあります。

反対に「通学」の場合幅が大きく、入学金込みで10万円程度~40万程度となっています。

安いから「質が悪い」のではなく、また高いからと必ず「質の良い」学習ができるとは限りません。あなたの環境や時間の取り方、学習意欲などによってどのコースが良いのかは変わってきます。

リフレクソロジストの就職や職場は?

リフレクソロジストの職場

主な就職先はリフレクソロジーサロン

リフレクソロジーサロン以外にも「エステサロン」や「マッサージ系サロン」、「セラピー系サロン」「リゾートホテル」や「高齢者用の高級マンション」、「介護施設」などからの求人があります。

また、将来的には独立も可能なことは、リフレクソロジストの魅力のひとつです。

自宅の一部を活用して隠れ家的なサロンを開業したり、ビルの一室を借りてサロンを営業するという方法で成功している先輩もいます。

医療や介護、福祉関連の現場でも活躍

近年、リフレクソロジーが一般的にも知られてくるようになったことで、「医療」「介護」「福祉」関連でも取り入られるようになりました。

医療の場合、医師の指導・監督のもとにサポートケアという形でリフレクソロジーが活用され、患者の自然治癒力を高めたり、痛みの緩和、病気予防の一つの方法として行われています。

ただし、この場合医療従事者や介護従事者が、リフレクソロジーをサポート的に活用する形ですので、「リフレクソロジスト」が活躍するというよりも、医療従事者や介護従事者が「リフレクソロジー」の技術と知識を活かすという方が正しいのかもしれません。

「医療」「介護」「福祉」関連のお仕事をしている方、もしくはその業界に入ろうとしている方には、リフレクソロジーは仕事の幅を増やし、より患者さんと近いケアが出来るものとなります。そういった意味では、リフレクソロジストとして活躍する場が医療、介護、福祉関連にもあるとも言えるのです。

リフレクソロジー資格の必要性

リフレクソロジーの通信講座
リフレクソロジストになるにはスクールや通信講座でしっかりと基礎から学び、プロとして仕事ができる知識や技術を身に付けるのがスムーズな方法です。

知識や技術をマスターする事でリフレクソロジストとしてサロンで働いたり、自宅の一室を利用して自分でプチサロンを開業する事もできます。

最近ではリフレクソロジーにプラスして、アロマセラピーやホリスティックの勉強もできるスクール(通信講座)もあります。

1、リフレクソロジーの資格は信頼の証

リフレクソロジストになるのに、実は「医者」「看護師」などのような国家資格は現在はありません。

ですので、極端な話「私は今日からリフレクソロジスト!」って宣言してしまえば、ある意味リフレクソロジストになれるのです。

ただ、世の中そんなに甘くはありません。

「リフレクソロジストだ!」と名乗っても問題ありませんが、誰が信用してくれるのでしょうか?
また、知識も経験もない人を雇ってくれるサロンもそれほど多くありません。

だから、そうならない為に、リフレクソロジーの専門学校や通信講座があるのです。専門機関で学び、リフレクソロジーの「知識」「技術」はもちろん、「身体の仕組み」「栄養素」「働き方」や「お客さんとのコミュニケーション」を学ぶのが、リフレクソロジー資格の目的でもあります。

また、一定のレベルをお客さんに提供できるよう維持するためにも資格が必要となってくるのです。

2、リフレクソロジーの資格は自信の証

資格を持っている人と、資格を持っていない人では自分自信への信頼(自信)が違ってきます。

実は、若いころ飲食店で従業員として厨房で働いていました。お客さんへ料理を提供する仕事、つまり調理を担当していました。

でも、「調理師の資格」は持っておらず、何か不安感を持ちながら調理をしていました。
※調理師の資格がなくても調理をする事は法律的にも問題ありません。

もちろん、調理の勉強などの下積みなどもしていましたし、作り方も完璧ですが、友人などにはハッキリと「調理師」とは言えません。

何かちょっと後ろめたい気持ちがあったのを覚えています。その頃は「調理師の資格」持っていればよかったなぁと常に思っていました。

これと同じことが言えるのですが、リフレクソロジストを目指すのであれば、リフレクソロジーの資格は持っておいた方がご自身のためにもなります。

「わたしは資格をきちんと持っている!」という気持ちだけでも、自分に自信が持て、仕事への取り組み方も変わってきます。

リフレクソロジー資格の種類と講座の選び方は?

「リフレクソロジーの資格」とはいっても、実は種類がたくさんあります。

まず、大きく分けて「西洋式(英国式)リフレクソロジー」「東洋式(台湾式)リフレクソロジー」の2つがあります。

西洋式(英国式)リフレクソロジーの資格

日本ではリフレクソロジーと言えば主に西洋式の方を指すことが多い。

・日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)
リフレクソロジーレギュラーライセンス

・一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)
リフレクソロジスト資格

・日本ヒーリングリラクセーション協会(JHRS)
リフレクソロジープロライセンス実技士

など

東洋式(台湾式)リフレクソロジーの資格

東洋式のリフレクソロジーは、西洋式と比べ認知度が低いのですが、流れとしては足つぼや整体に近いと考えて下さい。

・一般社団法人日本整体セラピスト認定協会
東洋式リフレクソロジーコース修了認定証

など、他にも多数の「資格」「ライセンス」「ディプロマ(卒業証明書)」が複数の団体、養成学校などにより発行されます。

どのリフレクソロジー資格を選べば良いの?

正直にお話ししますと、リフレクソロジー資格はどれを選んでも問題ありません。

こう言ってしまうと、がっかりする方もいるかもしれません。ですが、それが真実でもあるのです。

リフレクソロジーの資格は、いわば「リフレクソロジーの知識と技術を持っていますよ!」という証明なのです!

ただし、資格を持っているだけでは意味がありません。

例えば、「私は東大卒です。でも今は就職せずに世界を旅しています。」という人がいた場合、東大卒の意味は今のところあまり無いように感じませんか?

「私は東大卒で、霞が関の中央官庁で国家公務員として働いています。」という場合なら、「東大卒が活かされている」という感じになりますよね?

これと似たようなことがリフレクソロジー資格にも言えるのです。

「リフレクソロジーの資格」を持ち、常に向上心を持ち知識と技術を磨きながら働いていることが重要になってくるのです。

資格はあくまでも、基本をマスターしているという証明なので、その後のことは「あなた次第」となるわけなのです。

また、資格を持っていることは社会へ出る(就職などの)第一歩という事も言えるので、リフレクソロジストとして活躍する為には持っておくべき資格なのです。

「で、結局リフレクソロジー資格の選び方は?」

ですが、どれでも問題はないのですが、あなたの環境や考え方によって資格を選ぶと良いでしょう。

今現在、働きながらや主婦業をしながら資格を取りたいという場合には、「通信講座」を選ぶのも良いですし、ある程度時間が取れるのであれば、「通学」を選び学ぶのも正解です。

もうすぐ、高校を卒業するという学生さんなら、しっかり学べる専門学校を選び、リフレクソロジーの技術と知識を学ぶのも良いでしょう。

また、資格はサクッと取り、サロンなどに就職し実務をこなしながら、技術を現場で覚えていくという道もあります。

どれが正解で、どれが間違いという事はありません。あなたの環境や考え方、性格で選び方は変わってきます。

あなたにとっての正解は、あなたにしか選べないのですから。

おすすめのリフレクソロジー資格

それでも、強いておすすめを言うのであれば、ある程度知られている資格であり、全国的に認定校や認定サロンがある資格が良いでしょう。

その一つが「日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)」の「リフレクソロジーレギュラーライセンス」です。
日本リフレクソロジスト認定機構
就職のサポートや、独立の際には「推奨」「認定」「加盟」サロンとして様々な面で優遇される資格ですので、後々の選択肢が増えるのは何かと有利になります。

ただし、誰に対しても100点満点という訳ではありません。あなたの環境などによっては、違う専門学校(スクール)を選ぶ方が良い場合もあります。

その為にも、いくつかの資格を比較してみると良いかと思います。

リフレクソロジストになる為の資料請求

リフレクソロジストを目指すのであれば、あなたの住んでいる地域やライフスタイルに合うスクール・講座を探すのが最初の一歩となります。

↓リフレクソロジーの無料資料請求はこちら↓
レフレクソロジーの資格サイト

『BrushUP学び(ブラッシュアップ学び)』では、日本全国にある「リフレクソロジーを学べる」スクールや通信講座の資料請求が一括で行えるサイトです。

ガッツリ技術と知識を学びたい場合には、あなたの通える地域のスクールをチェック。
仕事や子育てしながらで、通学が難しい場合には「通信講座」をチェックし、無料のパンフレットを取り寄せることが出来ます。

もちろん資料請求は無料ですので、興味があるスクールや講座を遠慮なく選べます。

「リフレクソロジストになりたい!」「リフレクソロジーに興味がある!」という方なら一度目を通しておいても損はありません。